AreaBiz鹿児島|鹿児島県企業情報発信サイト > 注目記事 > 社員ブログ 太陽光発電選びは責任施工がポイント

社員ブログ 太陽光発電選びは責任施工がポイント


nakamura taiyou土木・建築関連資材、住宅機器関連等の建設資材商社の㈱ナカムラ(鹿児島市新栄町 中村純社長)を訪問しました。

同社は、熊本、福岡にも支店を持ち、九州主要地域で展開する建設資材商社として知られていますが、他社に先駆ける形で早くから太陽光発電の販売施工も行っております。今日は、太陽光発電を担当する玉井さんにお話を聞きました。

同社が、太陽光発電の販売施工を開始したのは、平成10年で、既に12年を経過しております。「最近でこそ国や各自治体からの補助制度や売電制度(48円/kwh:H22)が充実し、かつては、太陽光発電を設置しても初期投資を回収するのは20年近くをかかっていました。地域や諸条件により差はありますが、現在では約10年で回収が可能で、太陽光のメリットが大きくなりました」と玉井さん・・・。同社の太陽光発電事業における基本的な考えを聞いたところ、第一に責任施工という言葉が帰ってきました。施工前にその建物の事前調査を徹底的に施し、施工の際も防水等雨漏り対策を万全に行うそうで、メーカーの施工マニュアル以上の施工体制を敷いているそうです

太陽光発電の需要が高まるなか、沢山の業者がこの事業に参入していますが、施工後の雨漏りや、台風で飛ばされたという極端な例もあるということで、やはり業者選びは責任施工が重要なようです。「まれに屋根の老朽化などで別途改修費用が必要となるケースもあります。場合によっては、改修費に100万円以上かかるという事もあります。取り付け前にしっかりとした調査、打ち合わせを行い、経済メリットなど納得頂いたうえでご購入頂ければと思っています」と締めくくってくれました。

問合せ先 ㈱ナカムラ 099-254-1141

ホームページ http://www.nakamura-j.co.jp/


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース