AreaBiz大分|エリアビズ大分企業情報発信サイト > スタッフブログ > 『ほととぎす』

『ほととぎす』


ほととぎす元プロ野球選手の広澤 克実氏は講演会で、現役時代に仕えた3人の監督を戦国3大武将の名言に例え、野村監督を「鳴かぬなら 頭を使えホトトギス」、長島監督を「鳴かぬなら 鳴くのと代えよホトトギス」、星野監督を「鳴かぬなら 気持ちで鳴かせろホトトギス」と名将の特徴を評している。

さて経営者・管理職の皆様は自身、「鳴かぬなら ○○○○○」どんなタイプですか? 

さしずめ新入社員には「鳴かぬなら 鳴くまで待とう」(家康)で良いでしょうが、数年経って成果がでない社員には「鳴かぬなら 鳴かせてみよう」(秀吉)でスキルや性格に応じた教育・指導法が大切となってくるでしょう。また業績が赤字続きで経営の再建が迫ってくれば「鳴かぬなら 殺してしまえ」(信長)のような苦渋の選択も必要となることも。“経営の神様”松下幸之助は「鳴かぬなら それもまたよしホトトギス」と表現し、鳴かないホトトギスに価値を見出そうとした彼らしい懐の深さを感じる名言を残している。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース