AreaBiz大分|エリアビズ大分企業情報発信サイト > スタッフブログ > 『地方創生』

『地方創生』


亀の井旅館第2次安部政権が掲げる「地方創生」。成功の鍵は、企業人が握っていて、なかでもマーケティングセンスが重要とされる。“別府観光の父”油屋熊八氏が好い例である。46歳の頃に別府を定住の先とした彼は、“湯のまち別府”のPRのために全国を赤いネクタイで廻った。「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」のキャッチフレーズは耳に心地が良い。この時“さかさくらげ”の温泉マークを一般化させたのも彼であり、日本初の女性バスガイド付観光バスツアーを始め、有名な“地獄巡り”も発案した。また著名人を接待するために“別府の奥座敷”として湯布院の礎を築くなど、別府観光を牽引した。1世紀前の当時、彼は「おもてなし」の達人でもあった。

民間力こそが真の「まちおこし」を生むのである。

     


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース