AreaBiz大分|エリアビズ大分企業情報発信サイト > 倒産情報 > 3月度九州沖縄の企業倒産56件

3月度九州沖縄の企業倒産56件


東京経済(株)の調べによると、平成29年3月度の九州・沖縄地区企業倒産(負債総額1,000万円以上)は、前年同月比6件(12.0%)増加の56件となり、100件割れは平成21年7月以降93ヶ月連続。一方の負債総額は、109億4,000万円で前年同月比39億0,700万円(55.6%)増加した。最大は、ホテル経営の(株)東洋館(長崎県)の37億円。同社を含み負債10億円以上の大型倒産が3件発生した。

大分県内の企業倒産件数は5件。負債総額は16億8,800万円。最大は人材派遣・業務請負業の(株)日本ソフト工業(速見郡日出町)の10億4,000万円。

 詳細は東経情報記載。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース