AreaBiz大分|エリアビズ大分企業情報発信サイト > 倒産情報 > (株)ZEN POWER(福岡市) 破産手続開始決定

(株)ZEN POWER(福岡市) 破産手続開始決定


太陽光関連事業を展開していた(株)ZEN POWER(木村道雄社長 福岡市博多区博多駅前2-3-7)は4月5日、福岡地裁から破産手続開始決定を受けた。破産管財人は、中川 佳宣弁護士(西村あさひ法律事務所福岡事務所、福岡市中央区渡辺通2-1-82、TEL 092-717-7300)。負債総額は52億円内外が見込まれ、太陽光関連の倒産では過去九州最大。

同社は平成17年12月、太陽光電池生産を目的にエスシパワ(株)として設立、25年10月現商号へ変更。福岡県糟屋郡久山町に太陽光発電モジュールの組み立て工場を有し、高品質の太陽光発電モジュール生産のほかEPC事業も手掛け、海外を中心に販路を拡大して、平成26年12月期には年商74億円内外を計上していた。

しかし、大口取引先であったドイツ企業が27年9月頃、経営不振に陥って廃業。多額の不良債権が発生、また28年12月期は売上高が5,500万円内外まで落ち込むなどで資金繰りが悪化、27年8月で従業員を解雇し、事実上事業停止に追い込まれていた。


▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース