AreaBiz大分|エリアビズ大分企業情報発信サイト > 地域ニュース > マルショクとサンリブ合併へ

マルショクとサンリブ合併へ


九州を中心にスーパーを展開するマルショク(大分市)とサンリブ(北九州市)が、今年9月に合併する方針であることが明らかとなった。

小売業界の競争激化や人手不足など業界を取り巻く環境が厳しくなり、経営の効率化が急務であった。存続会社は、サンリブ(北九州市)と見られるが、関係者は、正式な内容については明日のプレス発表で確認してほしいと明言を避けた。

マルショクは、大分県を中心に熊本、宮崎、福岡で主として食品スーパー83店舗を展開。サンリブは、福岡県を中心に山口、佐賀、広島で総合スーパーを80店舗を展開している。


▶ 関連記事