AreaBiz大分|エリアビズ大分企業情報発信サイト > スタッフブログ > “ゆるい就職”

“ゆるい就職”


“ゆるキャラ”ならぬ“ゆるい就職”が若者を中心に話題になっている。正社員になって週5日を会社に捧げ「ガツガツ働く」という働き方に代わり、「週休4日、月収15万円」の新たなワークスタイルのことを指す。「実働3日」で残る週4日は、自分の夢の実現に向け有意義に使ってもらおうというわけだ。就労形態が多様化することは悪いことではない。採用する側も都合が良くなる。

大分県国東市の段ボールクラフト会社は、社員の創造性の喚起を狙って昨年から「週休3日制」を導入した。クリエイティブな職種や起業の夢を持った20代の若者にすれば会社に拘束されない制度であり、否定はしない。但し、これは一部の話。ただでさえ労働人口が減るのに、この先、この国はどうなるのか。人手不足で牛丼チェーン店が深夜営業を止める。建設市場はもっと深刻だ。

学生諸君に言いたい。少ない休みだからこそ、趣味などに費やす時間に価値が生まれるものである。休みがたっぷりでも収入が少なければ好きなことも出来ない。今のうち、悔いが残らないよう好きなことを思い切りやっておくこと。正社員で働くことは決して『負け』ではないのである。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース