AreaBiz大分|エリアビズ大分企業情報発信サイト > 企業紹介 > モバイルクリエイト 石井工作研究所の筆頭株主

モバイルクリエイト 石井工作研究所の筆頭株主


移動体管理システムの開発・販売を展開する東証一部上場のモバイルクリエイト(株)(大分市賀来北2-20-8 村井雄司社長)は1月27日、半導体関連製造装置、金型等の製造・販売を展開するジャスダック上場の(株)石井工作研究所(大分市東大道2-5-60 石井仁海社長)の発行済株式総数の 32.69%を取得したことを発表した。取得額は6億4百万円。

石井工作研究所の関連会社(有)テクトロンと昨年5月13日逝去した創業社長・石井見敏氏の長男・石井見紀が、所有していた普通株式 255万 株を取得したもので、モバイルクリエイトが同社の筆頭株主となった。資本提携により今後は、事業領域の拡充とあらゆるモノをインターネットにつなぐIoT(Internet of Things)分野での協力関係を図っていく。

●モバイルクリエイト(株)

平成14年12月設立。タクシーやバスなど車両向け移動体管理システムを提供。関西や首都圏にも進出。マザーズ、Q-Board上場から25年12月に東証一部銘柄。従業員115名。平成26年5月期連結で売上高42億33,903千円、当期利益4億93,493千円。

●(株)石井工作研究所

昭和54年1月設立。後工程向け半導体製造装置メーカー。切断・成形、マーキング、検査等が領域。平成16年12月ジャスダック上場。従業員245名。平成26年3月期で売上高30億89,711千円、当期利益1億00,166千円。

 

 


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース