AreaBiz大分|エリアビズ大分企業情報発信サイト > 倒産情報 > (社福)かぼちゃの国 不正受給で破産手続開始決定へ

(社福)かぼちゃの国 不正受給で破産手続開始決定へ


(社福)かぼちゃの国(芽野明理事長 竹田市久住町有氏2370)は6月23日、大分地裁竹田支部より破産手続開始決定が下された。破産管財人は、安東正美弁護士(安東法律事務所 大分市荷揚町9-11土屋ビル202 電話097-537-4717)。

平成15年4月設立の社会福祉法人。障害福祉サービス事業「カントリーワークぱんぷきん」で農作業やパン製造・販売、レストランの運営などを展開するほか、グループホーム「青空荘」や相談支援事業「さやか」なども運営していたが、約300万円の不正受給が発覚し、大分県より同27年3月31日付けで障害福祉サービス事業の指定が取り消されていた。来年度以降は、グループホーム「青空荘」の指定更新も出来ないことから、事業継続を断念したもの。


▶ 関連記事

▶ 注目のニュース

▶ 最新ニュース